JETSKI

パーツ

前回のYAMAHA続きでもないですが、

お客様支給部品がありました。
f0044558_11553560.jpg
持ち込み部品の事前情報が
実物と違っていたため
色々な修正が必要になりました。
f0044558_11553373.jpg


ジェットスキー、モービルの古いモデルの修理の場合に良くあるのが

部品の生産中止と次に修理価格。

が問題になります。


部品がない。
あっても高い。 
となると

ネットで 幾らだった。
とか 
あのモデルの部品で代用(代替)できる。
とか って話になるのですが、

「それ 間違いないですか?」
「中古の程度は?」
「又聞きでなく 実際に やった本人から聞いてますか?」
となると 

「イヤ・・・・・・」
となります。

品番が違えばちがう商品ですので
ボルト穴の位置が違うとかカプラーの形状が違うとか
 パイプ径が違うなんて事は当たり前ですから
実際に現物を並べて見比べて見るまで
わかりません。

パイプ径が違っていたら、関係なさそうな場所で
冷却不足、燃料不足が発生したりします。

ヘッドに検水増やして焼き付いちゃったとかは昭和の人達の
あるある
です(笑)。

中古や互換商品だと謳われている商品を
安易に使用したことで 
別の不具合が出ることも当然考えられるので

修理する側としても とってもリスキーな修理になってしまします。



ココまで説明すると 
安く修理したいのに  
結局高くつく可能性が高い事納得していただけるのですが


それでも 安く修理したい
となった場合は



そのパーツをお客様がウチに支給してくださいとお願いしています。
f0044558_08272749.jpg

安く直そうとしてるのに・・・・・。

逆に高くついた。

となると

お互い 釈然としない修理となってしまうんです。
f0044558_08343083.jpg
利益 とか 儲け とかの話ではなく、

責任ある作業がしたい

ってのが 

一番の理由です。


 





[PR]
by spicewebnet | 2018-09-03 10:14 | JETSKI | Comments(0)

北海道のマリン&スノー プロショップです。


by spicewebnet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31